境界が分からなくなってしまった時はすみや事務所にご連絡ください。

 

kyokaihyo5.jpg 

 

ブロック塀工事で境界が抜けてしまった

工事で境界が無くなってしまう事は非常によくあるケースです。

お隣りとトラブルになってからでは遅いので境界を動かさないよう、工事業者に事前に言っておきましょう。

それでも無くなってしまった場合には、お隣りと境界の立会をして境界標を入れ直しする必要があります。ただし、1本境界標を入れ直すだけでも費用が高額になるケースもありますので、注意が必要です。

 

kyokaihyo1.jpg

 

 

お隣りと境界の位置の認識が違う

基本的には法務局の『地積測量図』を使用して境界の位置を特定していきます。

現地の測量を行い各測量図面と照し合わせ、検討してからお隣りと境界立会をしていきます。境界標が無くなってしまっている場合には新たに境界標を入れ、お隣りと境界承諾の書面の取交しを行います。

長年、本来の境界ではないところを境として認識していた場合には解決に時間と費用がかかる場合があります。

 

 

 

お隣りと2人で話し合って境界を決めちゃったけどいいの?

お隣りとお互いに話し合って決めた境界も一つの境界です。

しかし、土地を売買する時や分筆する時の境界(筆界)とは必ずしも一致するとは限らず、隣地とのトラブルの原因にもなりかねません。

土地の境界に不明な事がありましたら必ず土地境界の専門職である『土地家屋調査士』にご相談ください。

▲このページのトップに戻る